本文へスキップ

バカラ パルメ

バカラの歴史


バカラのはじまり

バカラの歴史のはじまりは、ルイ15世の時代、フランスロレーヌ地方にあるバカラ村です。

今でも同じ村でバカラの商品は作られています。

完璧なスタイルを維持するというポリシーのもとつくられている素晴らしい製品の数々は、フランスで製造されるクリスタルの約半数を占める数です。

美術館に貯蔵されている作品のみならず、フランスの宮殿や劇場を飾るシャンデリアからはそんなバカラの歴史を感じることができます。




MFO MEOを40人以上排出したバカラ

過去にはパリ万博で金賞を受賞していたり、約40名以上のMOFと呼ばれるフランス最優秀職人を輩出していることが、最高品質のクリスタルガラスと言われている高い技術の証です。

また世に出てきている作品はほんの一部です。多くのものはクウォリティーの面から廃棄されてしまうことも多く製作段階でのチェックが厳しいのも有名です。その妥協のない姿勢はまさに完璧を維持するというポリシーが変わらず守られているように感じます。




フランスのバカラショップ フランスのバカラショップ

そんな妥協のない完璧な作品を求めて、フランスのバカラショップには沢山のセレブリティが訪れます。店には日本では買えないような素晴らしい商品が並び、一般の人でも訪れるだけでまさにフランスの貴族達のようなゴージャスな気分が味わえます。

クリスタルガラスを買わなくても足を運ぶだけでも価値があるお店です。その他にもフランスにはさまざまな場所でバカラの製品に出会える場所があります。世界中の王族や貴族に愛されてきた商品は今でも世界中の人々を虜にしています。


→ それ、偽物のバカラグラスでは?


ナビゲーション